心までうるおう、
ハッコウの滴。

FlowFlow

THE PREMIUM FERMENTED SKIN CARE

 
 
 

About FlowFlow

プレミアム化粧水 フローフロー

01

めぐる美しさの、その先へ。

心も体も流れる、めぐるからこそ、肌も心も体も生き方も美しい。
でも美しさって何だろう?
絶えずめぐる水の姿。季節の移り変わり。ときを重ねていく豊かさ。
滞らず、ため込まず、自然を手本に毎日生まれ変わる。その先にはなにがあるだろうか。

心も体も流れる、めぐるからこそ、肌も心も体も生き方も美しい。でも美しさって何だろう?
 
絶えずめぐる水の姿。季節の移り変わり。ときを重ねていく豊かさ。
 
滞らず、ため込まず、自然を手本に毎日生まれ変わる。その先にはなにがあるだろうか。

02

少ないほど、やさしい。

 ●●

フローフローの最大の特徴は「成分の少なさ」。
前身となる商品の開発当初はパラベン(防腐剤の1種)、フェキシエタノール(防腐剤の1種)、BG(保湿剤の1種)も入っていました。それは化粧品として必要な成分だったから。四半世紀に及ぶ研究により、原料とその数を改善。成分数5つ。たった5つ。世界のオーガニックスキンケアをリードする作り手達も、少ない原料数を追究しています。

フローフローの最大の特徴は「成分の少なさ」。
 
前身となる商品の開発当初はパラベン(防腐剤の1種)、フェキシエタノール(防腐剤の1種)、BG(保湿剤の1種)も入っていました。それは化粧品として必要な成分だったから。
 
四半世紀に及ぶ研究により、原料とその数を改善。成分数5つ。たった5つ。世界のオーガニックスキンケアをリードする作り手達も、少ない原料数を追究しています。

03

ともに生きる、活かしあう

 ●●●

フローフローの原点は、微生物の共生発酵。それは、性質の違う酵母たちが、ともに生き、活かしあい、新たなものを生み出すことです。
私たちの社会でも違いが原因で様々な摩擦が生じます。そのことで疲弊するよりも、新たなものを生み出す原動力に変える。微生物の営みを手本に、暮らしに、仕事に、クリエーションに役立てる。そんな想いを化粧品にこめてお届けします。

フローフローの原点は、微生物の共生発酵。それは、性質の違う酵母たちが、ともに生き、活かしあい、新たなものを生み出すことです。
 
私たちの社会でも違いが原因で様々な摩擦が生じます。そのことで疲弊するよりも、新たなものを生み出す原動力に変える。
 
微生物の営みを手本に、暮らしに、仕事に、クリエーションに役立てる。そんな想いを化粧品にこめてお届けします。

04

たった1つ、それだけ。

 ●●●●

化粧水のみ。スキンケアブランドとしては珍しいことです。
惜しまれて生産がとまった商品を再び。四半世紀の研究技術をここに。待ち続けているひとがいるかぎり、その期待に応えられるよう努力します。たった1つ、それだけ。その少なさ、弱さを、強さに変えていきます。

化粧水のみ。スキンケアブランドとしては珍しいことです。
 
惜しまれて生産がとまった商品を再び。四半世紀の研究技術をここに。待ち続けているひとがいるかぎり、その期待に応えられるよう努力します。
 
たった1つ、それだけ。その少なさ、弱さを、強さに変えていきます。

05

変わらずに、変わりつづける。

 ●●●●●

過酷な環境、心地よい環境、様々な状況に合わせて休眠したり活動したり。微生物は生きる営みをいつも最適化していきます。進化の早い現在、商品やサービスも更新やアップデートが常となりました。私たちも専門家のアドバイスやユーザーの声を誠実に受け止め、変わり続けていきます。

過酷な環境、心地よい環境、様々な状況に合わせて休眠したり活動したり。微生物は生きる営みをいつも最適化していきます。
 
進化の早い現在、商品やサービスも更新やアップデートが常となりました。私たちも専門家のアドバイスやユーザーの声を誠実に受け止め、変わり続けていきます。

06

100%と。

 ●●●●●●

お肌につけることは食べることと同じと考え、商品づくりをしています。商品にご納得頂けなければ100%(返品、返金)対応させて頂きます。そしてメーカーとしてできることを考え続けます。お客様に100%満足していただくために。

お肌につけることは食べることと同じと考え、商品づくりをしています。
 
商品にご納得頂けなければ100%(返品、返金)対応させて頂きます。そしてメーカーとしてできることを考え続けます。お客様に100%満足していただくために。

07

潔く、シンプルに。

 ●●●●●●●

原料も、資材も、環境を配慮し、無駄なものを使いません。捨てる紙も減らします。よいデザインは潔く、そしてシンプル。

08

ミューズは、あなたの中に。

 ●●●●●●●●

だれもだれかにはなれません。どんなにあこがれてもその人にはなれません。その人もあなたにはなれません。
ミューズは自分の中で育んでいく。あなた本来の美しさを最大限に引き出す。自らを理想に近づける。
私たちは「もっと美しくなることを、諦めないあなた」を応援します。

だれもだれかにはなれません。どんなにあこがれてもその人にはなれません。その人もあなたにはなれません。
 
ミューズは自分の中で育んでいく。あなた本来の美しさを最大限に引き出す。自らを理想に近づける。
 
私たちは「もっと美しくなることを、諦めないあなた」を応援します。

09

生き方が見える、美肌へ。

 ●●●●●●●●●

「共生発酵をお手本にし、心身ともに滞らない美しさを追求する」というのは、スキンケアでありながらひとつの「生き方」でもあります。
そんな生き方が透けて見えるような美しい肌へ。

「共生発酵をお手本にし、心身ともに滞らない美しさを追求する」というのは、スキンケアでありながらひとつの「生き方」でもあります。
 
そんな生き方が透けて見えるような美しい肌へ。

よくあるご質問

Q:発酵スキンケアとは何ですか?

A:20種の酵母菌により共生発酵させたエキスを配合したスキンケア(化粧水)になります。

Q:5つの成分とは何ですか?

A:水、グリセリン、(混合植物/白糖) 発酵エキス- 2、ヒアルロン酸Na、カプリリルグリコール、の5つです。

Q:白糖を使っているのですか?

A:原料の発酵エキスをつくるため、酵母のエサとして白糖を使っています。白糖の印象がわるいため、植物エキス発酵液と表記されることがありますが、フローフローは、INCI(※)登録の正式名称である「(混合植物/白糖) 発酵エキス- 2」と正しく表記しています。また、エサとして使われた白糖は、ブドウ等に変わります。
※INCI:化粧品成分の国際的表示名称

Q:発酵エキス- 2とは何ですか?

A:定義は、以下の原材料を混合し、酵母 Zygosaccharomyces rouxii を用いて発酵して得られたもの。
原材料:リンゴ Malus pumila の果実、パパイヤ Carica papaya の果実、パイナップル Ananas comosusu の果実、アセロラ Malpighia glabra の果実、ゴレンシ Averrohoa carambola の果実、バナナ Musa acuminata の果実、ニンジン Daucua carata の根、ダイコン Raphanus sativus の根、トマト Lycopersicon esculentum の果実、キュウリ Cucumis sativus の果実、ホウレンソウ Spinacia oleracea の葉、シソ Perilla frutescens var. crispa の葉、キダチアロエ Aloe arborescens の葉、マコンブ Laminaria japonica の全藻、白糖

ちなみに、(混合植物/白糖)発酵エキスの方は酵母Saccharomyces cerevisiaeを用いています。
※日本化粧品工業連合会(化粧品の成分表示名称リスト)より

Q:Zygosaccharomyces rouxiiはどうと読みますか?

A:ジゴサッカロマイシス ロキシイと読みます。

Q:ジゴサッカロマイシス ロキシイはどのような酵母ですか?

A:耐塩性と耐糖性の2菌種あります。この発酵スキンケア・ローションに用いてるのは耐糖性の方です。醤油などの製品に利用されている耐塩性の菌種の方が、一般的には知られています。

Q:耐糖性(たいとうせい)とはどういう意味ですか?

A:「高い糖度(例えば50度、60度)の環境でも育ったり繁殖したりできる」という意味です。

Q:なにか菌が入っているのですか?

A:化粧品として菌が入っていはいけません。複数種の酵母菌が発酵によってつくりだすものを原料としていますが、菌自体は何層ものフィルタリングをして取り除きます。

Q:どうのような効果がありますか?

A:薬機法という法律により、効果効能についてはお伝え出来ませんが、長年の研究成果は学会、学術雑誌に掲載してきました。
※J. Gen. Appl. Microbiol、ASM General Meeting 、Joint Conference AACR & JCA 、Food Biotech、Eur. Food Reserch Tech.等

Q:無添加ですか?

A:無香料・無着色、防腐剤は一切使用していないため、低刺激性で安全です。四半世紀にわたる酵母研究の過程で、配合の改良も繰り返してきました。原料の発酵エキスは健康飲料のほか、さまざまな分野で活用されています。私たちは「お肌につけることは、食べることと同じである」と考えています。

Q:どのように使うのがよいですか?

A:適量(2~3プッシュ)を手に取り、顔にやさしく押さえるようにするのがおすすめです。ペッタンペッタンと吸いついてくるようなイメージで、何度か繰り返します。

朝であれば「今日1日、がんばって」、夜であれば「今日もお疲れさま」。そんな気持ちでお肌のケアをしてみてください。

Q:保存は冷蔵庫ですか?

A:常温保管でかまいまいません。極端に高温または低温の場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。

Q:クリームや美容液はありますか?

A:いいえ、化粧水のみです。当発酵エキスをつかった化粧水の要望を、長い間頂いておりました。その声のひとつひとつにお応えするために、再生産が実現しました。
※現在ご使用の美容液やクリームと一緒に使って頂いてかまいません。

Q:肌トラブルに悩んでいます。大丈夫でしょうか?

A:使用感や効果等の保証は化粧品のためできません。お肌に合わない場合は返品返金対応致します。一度、お試しください。

高い保湿性を可能にするものを、微生物が発酵により生み出してくれました。
その貴重な一滴を届けたい。
そんな想いが「ハッコウの滴。」という言葉に込められています。
さらに、「心まで うるおう」とは。
 
FlowFlow(フローフロー)は心身の流れをうながすことを目指しています。
【体の流れ】は見えている表面だけではなく、血流やリンパ液、食べたものを分解・吸収・排泄する代謝のことも含み、
【心の流れ】は見えない気持ちや気の流れのこと、呼吸という循環にも関わってきます。 
 

 
洗車場でコインを入れるように、心も「シャー」と掃除ができればいいのですが、そうはいきません。
 
体の栄養は食べるもの
心の栄養は..
どんなことで心ははずみ、満たされるのか。どんなことでおちこみ、乾くのか。
FlowFlow(フローフロー)は、いまの心のあり様(よう)を問いかける、内観もブランドのコンセプトとしています。
 

心までうるおう、
ハッコウの滴。

 
インナービューティーやナチュラルでオーガニックであることが注目されています。その本質は素材や原料の生産方法、種や土壌を自然の循環にもどし、生命力あふれる巡りをとり戻すこと。ひとの体でいえば、細胞をリセットしきれいに作りなおすこと。滞りを流すこと。
 
肌もそう。余計なものはたさずに、皮膚の常在菌のバランスを健やかに保ち、バリア機能を高め、恒常性(ホメオスタシス)を取り戻すこと。
 
私たちはFlowFlow(フローフロー)というブランドを通じ、暮らしの基本となる心身をととのえること、そして誰もが前向きに年を重ね、おしみなく能力を発揮できるような土台作りをサポートしていきます。
 

流れているのは、
いのちです。

 
 
 
 
 
 
 
 

高い保湿性を可能にするものを、微生物が発酵により生み出してくれました。その貴重な一滴を届けたい。
 
そんな想いが「ハッコウの滴。」という言葉に込められています。さらに、「心まで うるおう」とは。
 

 
FlowFlow(フローフロー)は心身の流れをうながすことを目指しています。
 
【体の流れ】は見えている表面だけではなく、血流やリンパ液、食べたものを分解・吸収・排泄する代謝のことも含み、
【心の流れ】は見えない気持ちや気の流れのこと、呼吸という循環にも関わってきます。 

 
洗車場でコインを入れるように、心も「シャー」と掃除ができればいいのですが、そうはいきません。
 
体の栄養は食べるもの
心の栄養は..
どんなことで心ははずみ、満たされるのか。どんなことでおちこみ、乾くのか。
 
FlowFlow(フローフロー)は、いまの心のあり様(よう)を問いかける、内観もブランドのコンセプトとしています。
 

心までうるおう、
ハッコウの滴。

 
インナービューティーやナチュラルでオーガニックであることが注目されています。
 
その本質は素材や原料の生産方法、種や土壌を自然の循環にもどし、生命力あふれる巡りをとり戻すこと。
 
ひとの体でいえば、細胞をリセットしきれいに作りなおすこと。滞りを流すこと。
 
肌もそう。余計なものはたさずに、皮膚の常在菌のバランスを健やかに保ち、バリア機能を高め、恒常性(ホメオスタシス)を取り戻すこと。
 
私たちはFlowFlow(フローフロー)というブランドを通じ、暮らしの基本となる心身をととのえること、そして誰もが前向きに年を重ね、おしみなく能力を発揮できるような土台作りをサポートしていきます。
 

流れているのは、
いのちです。